前へ
次へ

債務整理で過払い金返還請求のメリット

金融機関からお金を借りるときはその時に条件を提示されます。
その条件に納得すれば金銭貸借の契約を結び、条件を守って返済をしなければいけません。
条件の一つとして金利があり、返済期間までに発生した利息と元本を支払っていくことになります。
通常は契約内容に従う必要がありますが、契約自体に法律違反があればその部分は無効になります。
実は過去に金融機関が提示した金利に法律の上限を超えた設定がされたことがあり、超えた部分に関しては支払う必要はありません。
債務整理をすることで過払い金返還請求が行えるケースがあります。
全ての借入でできるわけではなく、あくまでも法外の金利が設定されていたときの借入になります。
この債務整理を行うメリットは何といっても支払総額が大きく減らせることでしょう。
返済に困っている人の中には利息にさらに利息が上乗せされるケースがありますが、計算をし直すと支払う利息が減るので既に利息分の支払いを終えているケースもあります。
となれば借金そのものを無くすことができます。

Page Top