前へ
次へ

債務整理をすると借金ができなくなるのか

今はお金がないが将来入ってくる予定があり、どうしてもお金が必要なら借入の利用がいいでしょう。
借入によってお金が無くてもお金が手に入り、将来入ってきたときに返済すれば済みます。
ビジネスでは一般的に使われているものの、家庭においても住宅ローンなら多くの人が利用しているでしょう。
ただ返済トラブルが起きると債権者からの取りたてが厳しくなり生活に支障が出てきます。
債務整理をすることで取りたてを止めてもらうことができます。
債務整理をすれば場合によっては借金を完全に減らせますが、となるとある人はまた借金をしたいと考えるでしょう。
しかし返済トラブルをしたばかりの人だとまた返済トラブルを起こすかもしれません。
金融機関においては利用者の情報を登録していて、過去に返済トラブルがあった人の情報は金融機関同士で共有しています。
債務整理をした情報も記録され、その記録がある間は新たな借金ができない可能性があります。
ただ一生残るわけではなく、数年で情報が消されるのでその後は借金ができるようになります。

Page Top