前へ
次へ

債務整理で任意整理と特定調停の違いを知る

借金は生活を豊かにしてくれることもある素晴らしい仕組みです。
一方で返済能力以上に利用してしまうと途端に生活を苦しめることにもなるので、使い方を間違えると大変と言えるでしょう。
ただ現実問題として借金は比較的利用しやすい状況にあり、使い方を間違える人も結構います。
その人たちを救済すべくある仕組みとして債務整理があり、法律事務所などで手続きの代行を行ってくれたりします。
利用するには基本的には法律知識が必要になります。
法律事務所を通して債務整理を行おうとすると法律事務所に対して手数料を支払わなければならずそれが負担になるので利用ができない人もいるようです。
その時に利用することが多いのが特定調停で、任意整理に非常に似た仕組みとされています。
任意整理は弁護士などが代理人になって債権者と話し合いをしますが、特定調停は調停委員が間に入って債権者と話し合いをします。
合意が成立すると裁判所が書面を作成し、それに基づいて返済をしていきます。

Page Top