前へ
次へ

浪費を原因とした借金で債務整理は行えるか

一般家庭に生まれた夫と資産家の家庭に生まれた妻が結婚すると、妻が浪費することで借金を作って返済に困窮することがあるようです。
夫婦は一定の範囲内で借金を返済する義務が生じるときもありますが、個人的な借金は夫婦と言えども返済義務はありません。
このとき浪費をした妻は何らかの形で借金を無くす必要があり、親などに返済してもらうときもあるのでしょう。
ただ浪費癖を無くそうとするなら債務整理をして反省をする方が良いのかもしれません。
債務整理の方法にはいくつかあり、借金をきれいになくせる方法として自己破産があります。
この方法だと借金と自分の資産を相殺し、生活に必要な資産を残してすべてがなくなります。
最終的には裁判所が借金の免責を認めて返済義務がなくなりますが、誰でも利用できるわけではありません。
自己破産では免責許可と不許可があり、借金の理由によって免責されないときがあります。
浪費を原因とする借金だと自己破産は使えない可能性がありますが、その他の方法なら可能です。

Page Top