前へ
次へ

借金の一本化と債務整理はどちらがおすすめか

借金に関する悩みを抱えている方は、よく一本化という手段を検討しています。
人によっては複数の会

more

買える物が限られている時は債務整理も検討

借金の返済が順調に進まないと、できる事が限られてしまう傾向があります。
お金を返す為には、節約

more

返済するためにお金を借りるより債務整理を検討

金融会社からお金を借りる目的は、色々あります。
その1つは他社の借金です。
例えば銀行か

more

債務整理とはいったいどのようなものでしょうか

最近インターネットサイトのサイトでよく見かけるキーワードが債務整理です。
一体債務整理とはどのようなものでしょうか。
それは借金を減額したり、あるいは借金の支払いに猶予を持たせたりすることによって、借金を多く抱えている人たちが、苦しい生活から解放されるために使われる法的手段です。
この法的手段には4種類の方法が存在します。
一つ目が過払い金の請求です。
二つ目が任意整理ということになります。
そして三つ目が民事再生です。
そして一番最後の四つ目が自己破産ということで、全部で四つの法的手段があります。
それでは、それらの法的手段につき、その内容について述べてみましょう。
まずは過払い請求金です。
過払い請求権とは、本来債務者が支払う必要がないにも関わらず、貸金業者に支払い過ぎた金額を返してもらうようにする手段です。
法的な根拠もあるので、これはとても頼りになります。
自分ではなかなか過払い金の金額をつかむのは難しいのですが、それを専門とする職業の人たちでは、簡単にその金額を割り出してくれます。
借金を多く抱えてしまっている人は、まず自分に過払い金があるのかないのかチェックをいたしましょう。
過払い金があるとすれば、その分は法律的に返済する義務がないので、その分だけ返済が楽になるという仕組みです。

オーテックで機械の設備導入
設備の一新をお考えならコチラをチェック

精密加工機

次に任意整理です。
これは債権者に、債務者の借金の減額をお願いしたり、金利の見直しをしたりして、できるだけ債務者の負担を軽くしようとする手段です。
その目的は債務者の日常の生活に支障のない範囲で、借金返済を可能にするということです。
また任意整理をした結果、過払い金が浮かび上がってくることがしばしばあります。
その際には支払い過ぎた過払い金は、貸金業者に返済する義務がありませんので、債務者はとても助かるということになります。
最後に民事再生があります。
個人の民事再生とは、裁判所を巻き込んで行う法的な手段です。
裁判所に、債務者が抱えている借金が、返済困難であることを立証してもらい、債権者と交渉の上、減額された金額を、数年かけて分割返済していく手段です。
金額が数千万円以下の場合では、その返済額が、最大で1/10まで圧縮されることもあるので、これはぜひ試してみたい手段のひとつです。

Page Top